富山県美術館 会館記念展Part2 素材と対話するアートとデザイン

 
6-Kaffeeform_mini.jpg
viertelvor-marcuswerner-kaffeeform-julianlechner-8-1000.jpg

富山県美術館にて開催される会館記念展Part2『素材と対話するアートとデザイン Art and Design, dialogue with materials』が本日より開催されます。
今回こちらの記念展にて弊社取扱い商品『KAFFEEFORM.』が展示されます。


KAFFEEFORM.とは?
ドイツ人デザイナーのジュリアン・レヒナー氏によって生みだされた新素材ブランド

KAFFEEFORM.のコーヒーカップからはほのかにコーヒーの香りがします。
それは、原料に「コーヒーの抽出かす」を使用しているから。

毎日大量に消費されるコーヒー。その影で同じく大量に出る「コーヒーの抽出かす」。リサイクル方法も比較的多い素材ではありますが、まだまだそのまま捨てられることが多いのも事実です。デザイナーはこの「コーヒーの抽出かす」を素材として活かす方法を模索しました。そこで誕生したのが『KAFFEEFORM.』(カフェフォルム)です。

素材は天然にこだわり、コーヒー豆の他、天然由来のセルロースと木片を混ぜ合わせ作られています。そもそも「コーヒーの抽出かす」と天然素材のみで何度も使用できる丈夫なカップを作ることは、なかなかの挑戦でした。試行錯誤の末ようやく出来上がった新しい素材は"KAFFEEFORM (カフェフォーム) "と言います。これを使い製品化されたのが『KAFFEEFORM.』のカップ&ソーサーです。

その見た目は陶器の様であり、手触りはさらさらとしていて軽く、食洗機の使用も可能というタフな素材に仕上がりました。その上保温力もあり温かい飲み物が冷めにくいという特徴もあります。

コーヒー豆でできたカップでコーヒーを飲むというユニークな発想。
それは、身近なことからリサイクルを意識させられる仕組みとなっており、リサイクル先進国のデザイナーならではの観点かもしれません。

コーヒーの味と香りを楽しんだら、次は素材としての可能性に魅入られるのもありかもしれません。ホット一息のティータイムに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

コーヒー豆を思わせるパッケージはサプライズなプレゼントとしてもおすすめです。

 

KAFFEEFORM ESPRESSO cup&saucer / 2,800
KAFFEEFORM CAPPUCCINO cup&saucer /3,400

※現在CAPPUCCINO cup&saucerが欠品中です。
次回11月27日予定です。ご予約も承っております。

 

 
kaffeeform7-640x428.jpg
kaffeeform2_vis_stage.jpg
kaffeeformTasse.jpg
 
 

『素材と対話するアートとデザイン』と題された今回の記念展では、素材を体験できる展示も必見です。

開催期間:2017年11月16日(木)~2018年1月8日(祝・月)
是非この機会に新しくなった富山県美術館へ足をお運びください。